【対向車にブロック】斉藤雅樹の顔画像やFacebookは?「ぶつけて面白がっていた」男4人逮捕!

走行中の車から、対向車に約2キロのコンクリートブロックを投げ付け命中させたとして、器物損壊容疑で茨城県古河市の男4人を逮捕したというニュースが話題になっています。

この事件で逮捕されたのは、茨城県古河市の解体作業員の4人です。

今回はその中の一人、斉藤雅樹容疑者について調査していきます。

スポンサーリンク

茨城県古河市の解体作業員4人を器物損壊容疑で逮捕。

対向車からコンクリートブロックを投げ付けられ、割れたフロントガラス

茨城県境町で8月、走行中の車から対向車に約2キロのコンクリートブロックを投げ付け命中させたとして、茨城県警は20日、器物損壊容疑で同県古河市、解体作業員斉藤雅樹容疑者(22)ら男4人を逮捕した。同じ日の夜には境町だけでなく、埼玉県で4件、千葉県で2件、同様の被害が相次ぎ発生しており関連を調べる。

県警によると、他に逮捕したのは犯行時19歳だった境町の無職の男(20)、古河市の解体作業員の男(19)、同市の無職少年(16)の3人。

斉藤容疑者を含む4人は知人同士で「ブロックは解体作業の現場で拾った。車にぶつけて面白がっていた」などと供述しているという。

引用元:KYODO

このような報道に対して、世間からは以下の様な声が上がっています。

極めて悪質な犯行ですね。一歩間違えば死人が出ていても全くおかしくない話なので。

かなりネットで騒がれてたし警察も本気出すしかなかったのかな?しかし悪質もここまでくると事故じゃなく事件だから、完全に殺人未遂適用するレベル、若気の至りでは済まない行為でできれば殺人未遂で起訴できないものか?

器物破損じゃなく殺人未遂罪及び危険運転に該当させて良いんじゃないかと思う所。(対向車は死のうが事故を起こそうが構わない、その目的で運転している事も含めて)

このように、容疑者4人に対して厳しい意見が多く上がっています。

4人はいずれも茨城県内に住んでいる16歳から22歳の男とのことですが、現在、斉藤雅樹容疑者以外の逮捕者の名前は公表されていない状況です。

斉藤雅樹容疑者(22)
茨城県境町の男(20)
茨城県古河市の男(19)
茨城県古賀市の男(16)

では、4人の容疑者中の1人である斉藤雅樹容疑者とは一体どんな人物なのでしょうか?

斉藤雅樹容疑者はどんな人物か?

※画像はイメージです。
  • 名前: 斉藤雅樹(さいとうまさき)
  • 年齢:22歳
  • 性別:男
  • 職業:解体作業員
  • 住所:茨城県古河市
  • 容疑:器物損壊容疑

斉藤雅樹容疑者らは、茨城県境町で8月、走行中の車から対向車に約2キロのコンクリートブロックを投げ付け命中させた容疑がかけられていました。

茨城県警は20日、器物損壊容疑で同県古河市、解体作業員斉藤雅樹容疑者(22)ら男4人を逮捕しています。

斉藤容疑者を含む4人は知人同士で、

「ブロックは解体作業の現場で拾った。車にぶつけて面白がっていた」

などと語っており、容疑を認めているようです。

同じ日の夜には境町だけでなく、埼玉県で4件千葉県で2件、同様の被害が相次ぎ発生しており関連を調べているとのことです。

スポンサーリンク

斉藤雅樹容疑者のFacebookや顔画像は?

(追記)斉藤雅樹容疑者の顔画像がこちら↓↓

Facebookについて調査しましたが、同性同名の方も多く、本人の特定には至っていません。

今回の騒動を受けて、削除された可能性もあります。

引き続き調査していきます。

斉藤雅樹容疑者にはどんな刑罰が与えられるか?

現在のところ、斉藤雅樹容疑者らは器物損壊の容疑で逮捕されています。

このまま刑が確定されれば、以下の様な刑罰が与えられることになります。

器物損壊罪(刑法261条)

3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料

「損壊」とは、物の効用を害することをいいます。その物を物理的に破壊するだけではなく、事実上もしくは感情的にその物を本来の目的に使えない状態にすることも「損壊」にあたります。器物破損と言われることもありますが、同じ意味です。

3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料とあります。

警察は、今回の件以外にも

同じ日の夜には境町だけでなく、埼玉県で4件、千葉県で2件、同様の被害が相次ぎ発生しており関連を調べる。

とのことですから、余罪の調査をしているようですね。

それによっても刑罰は変わってきそうです。

スポンサーリンク

【対向車にブロック】斉藤雅樹の顔画像やFacebookは?「ぶつけて面白がっていた」男4人捕!まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、茨城県内で起きた器物損壊の容疑で逮捕された斉藤雅樹容疑者ら4名について調査してきました。

被害者の男性は、飛び散ったフロントガラスの破片で軽い怪我をされたようですが、大事には至らなくてよかったです。

一歩間違えば大事故にもつながる恐れのある今回の危険行為。

今後このようなことが起こらないことを祈ります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA