【画像】ミャクミャク様は怖いけどかわいい?万博キャラの評判や由来を徹底調査!

2025年に、大阪府の夢洲で開催予定の、日本国際博覧会(大阪・関西万博)ですが、その公式キャラクター(キャラ)である「ミャクミャク」が話題となっています。

ミャクミャクはその独特の名前や姿から、ミャクミャク様とも呼ばれていますが、「かわいい」や「怖い」など大きく意見が割れています。

そこで今回は、そんなミャクミャクについて、世間の評判や由来を中心に、画像も含めて調査していこうと思います。

【画像】万博キャラクター、“ミャクミャク様”の由来は?

ミャクミャクは、大阪・関西万博を広く知ってもらうために、公式キャラクターとして誕生しています。

ミャクミャクの制作者は、デザイナーで絵本作家でもある山下 浩平(やました こうへい)さんです。

「ミャクミャク」について

細胞と水がひとつになったことで生まれた、ふしぎな生き物。その正体は不明。
赤い部分は「細胞」で、分かれたり、増えたりする。
青い部分は「清い水」で、流れる様に形を変えることができる。
なりたい自分を探して、いろんな形に姿を変えているようで、人間をまねた姿が、今の姿。
但し、姿を変えすぎて、元の形を忘れてしまうことがある。
外に出て、太陽の光をあびることが元気の源。雨の日も大好きで、雨を体に取り込むことが出来る。
開幕前から自分のことを皆さんに知ってもらい、2025年に開催される大阪・関西万博で多くの人に会えることを夢見ています。

といった、公式な設定もあるようですね。

【画像】ミャクミャクの評判を調査!

そんなミャクミャクですが、その独特の姿や設定、名称の響きから「村の土着神ぽい」「畏怖の対象」のイメージを連想しやすくなったということで、「ミャクミャク」と呼ばれるようになったようです。

確かに、正式な名称が決まるまでは俗称として「いのちの輝きくん」と呼ばれていましたが、「ミャクミャク」という名称が決まったことで、印象がかなり変わりましたよね。

“様”をつけたくなる気持ちもわかる気がします。

そんな「ミャクミャク様」の世間の評判はどうなっているのでしょうか?

評判は、大きく分けて2つに分かれます。

① ミャクミャク様は、怖い・気持ち悪い?

まず一つ目の評判は「怖い・気持ち悪い」です。

「怖い・気持ち悪い」という評判ば出てしまう理由には、まずその容姿が要因となっているようです。

私も最初見た時驚きました。

子供が見たら泣くんじゃないかとも思いました。

その大きな理由としては、目の多さにあるようです。

目の多さに加え、自在に変化するという設定の生々しさも、気持ち悪さを助長しているのかもしれません。

未だに、選考に疑問の声が上がっていたりしています。

② ミャクミャク様は、かわいい?

二つ目の評判は「かわいい」です。

調べていくと、実は意外と「かわいい」と評価している人は多いようです。

ポップなイラストや二頭身の容姿もその要因かもしれませんが、確かに何度も見ていると段々とかわいく見えてきます。

キャスターの辛坊治郎さんは、自身がパーソナリティを務める「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」で、「ミャクミャク」について語っています。

「ミャクミャク」のデザインですが、出来損ないドーナツみたいですね。
〜中略〜
「なんか気持ち悪いな」と言われそうなこのデザイン。
でも、こういう気持ち悪いと思われるキャラクターほどヒットするんですよ。
今年2月に開催された北京五輪の公式マスコットも、大会が盛り上がるにつれて人気が出て、関連グッズが品薄になりました。

確かにインパクトはありました。

まさに、「つかみはOK!」って感じですね。

そしてそこから、みんなの興味が生まれ、Twitterなどで拡散し、独自のイラストやイメージの膨らみを見せて、今現在、話題になっています。

“噛めば噛むほど味が出る”みたいな感じですかね。

(番外編)変化を見せる「ミャクミャク様」

いろいろに変化している様子を見ると、当初の「怖い」「気持ち悪い」といった印象から、「かわいい」とまではいかなくても、興味の対象にはなってきているのかなぁと感じることができます。

皆さんはどう感じましたでしょか。

【画像】ミャクミャク様は怖いけどかわいい?万博キャラの評判や由来を徹底調査!まとめ

いかがでしたでしょうか。

初見で「ミャクミャク様」を見た時には、正直、どうしてこれが選ばれたんだろうかと疑問ん感じました。

ですが、今回の万博の「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマと、ロゴテーマでもある「一人ひとりの個性が躍動しながら集まって、繋がって、そこにはきっと、いのちの輝きがあふれている。」というコンセプトが結構マッチしているようにも感じました。

皆さんはどう感じましたでしょうか。

そんなミャクミャク様が活躍する(?)、2025年開催予定の、日本国際博覧会(大阪・関西万博)を楽しみにしています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA