Yuichi Shiga

広報とワークショップサポートを担当。普段は医療機器の研究開発に従事。大学院ではメカトロニクスの研究室に所属しながらデザインやイノベーションについて学ぶ。

途上国でのものづくりはその国の持続的な発展を助けるだけでなく、その過程で触れる文化や価値観の学びから作り手としての私たちにも重要な気づきを与えてくれます。このSee-Dを通じて途上国•先進国がともに地球上に生きるものとして新たな進化の方向性を見いだせたらと思います。