Takaharu Nakamura

東京農工大学生物システム応用科学研究科(熱力学)修了。家電メーカーにて、国内向け生活家電開発に7年従事し、現在は海外向けエアコン開発に携わる。第1回See-D Contestには参加者として関わり、第2回はSee-Dスタッフとしてワークショップデザインを担当する。

「お客さんが気づいていない価値を商品にして届ける事。家電でおこなっている技術開発と途上国で求められているものづくりはおなじだと考えています。人の役に立ちたいという想いに支えられてきた日本のものづくりを、世界中にいる困っている人の役にたてられるようにしていけたらと思います。」