Hiroaki Umezawa

See-D事務局長 / FabLab(β) Shibuya Member /筑波大学ヒューマンバイオロジー学位プログラムスタッフ/第1回See-Dからスタッフとして関わる。機械設計エンジニアとしての視点から、課題を解決するための技術やデザインに向き合う。

「『本当に必要なもの』とはどういったものなのか。それをじっくり問うことのできるコンテストです。また志を共にする人々が集まるコミュニティでもあります。参加者の皆さんには、この環境を有意義に活用いただき、アイディアのタネをカタチにしていただきたいです。」