Blog

【9月21日】フィールドワーク 5日目

本日はピティリティ村での最後の日だ。どのメンバーもやり残したことはないか、滞在中にできることはないか考え臨んでいく。何度か書いているが、一緒に来ているSee-Dメンバーは少しでも現地を知ること、ニーズを捉えることに必死で準備も周到だ。終盤にきて疲れは見えるものの、モチベーションは高く維持されている。 僕らのチームは、現地で感じた課題から2つのアイデアをビジネスモデルと合わせて資料にした。フィールドワークをする機会は限られているため、ヒアリングに加え、プロダクトも並行して考え、フィードバックを受ける必要がある。村の方にフィードバックが少し楽しみでもあるが不安のほうが
Read More

【9月20日】フィールドワーク4日目

ピティリピ村でのフィールド調査も3日目に入った。 今日も早朝からワイン製造所へ行くグループ、東ティモール東端の無人島ジャコ島へ向かうグループ、引き続き村内の調査をおこなうグループ、とそれぞれのグループが動きだした。 私は、ほとんどと言っていい程産業の育っていないピティリティ村で、モノづくりを行っている人達を訪ねてみた。 しかし村では高価で売れないということと(写真の棚は$300)、ロスパロス等の町のマーケットで売る程の数が作つくれていないということで、現状は自宅で自ら使っているだけとのこと。ただ、4〜5個程度作りためて町に売りにいきたいという希望はあるようだ。 ち
Read More

【9月19日】フィールドワーク3日目

本日は早朝の活動を見学するため6時前に村へ。 既に水汲みや朝食の準備などピティリティ村の朝は早い。 トウモロコシで朝食を作るシーン、ご飯を炊くシーンを 見学させてもらうことができた。現地にきて感じるのは 一見不便そうに見えても話を聞いているうちに、現地ならでの方法で 最適化されていることに気づく。それは今回何度も感じることになった。 その後は今回のコーディネイターでもあり、ピティリティの リーダーであるマーフィンさんに話を伺うことができた。マーフィンさんは 大学の教授であり、村の教育方針を決める責任者、地域NGOの代表、 コーディネイターなど複数の顔を持つ。地元の
Read More

【9月18日】フィールドワーク2日目

いよいよ本日から本格的なフィールドワーク開始だ。 朝から村に入り、各自ヒアリングや見学に出向く。 どのチームもこの日に向けてインタビュー内容や仮説など準備を進めてきた。 村の方は誰も笑顔で挨拶を返して頂き、質問にも嫌な顔をせず答えてもらえるが、 奥にある思いや理由を聞くのはなかなかできない。どのメンバーも果敢に挑戦している模様。 昼食を村で取り午後からは子どもとの交流のため 何人かのメンバーとサッカー大会を企画。 東ティモールの子どもはサッカーが大好きで、全員目を輝かせている。 サッカーボールは今回用に持参したが大成功だ。 ゴールやラインは石で用意し、キックオフ。
Read More

【9月17日】フィールドワーク1日目

いよいよ本日からはメインの目的であるティピリィピ村へ。 首都のディリからは車で6〜7時間だ。塗装もされていない道が多く、車に揺られながら。 海岸添いを走り、驚くような海と自然がずっと続く。まだ観光地として未開拓のため、 ホテルや観光施設は全くなく自然を丸ごと堪能できそう。 車に揺られながら、他のメンバーとアイデア出しや考えの共有を行う。 運転手の若い東ティモール人に話を聞くと、ドリンクやパーティ、旅行が趣味のようだ。 途上国と聞くと、ダメージコントロールのような考えが先行しがちかもしれないが、 こういった趣味や楽しみをベースにしたアプローチも有効かもしれない。 特
Read More

【9月16日】フィールドワーク前夜

いよいよ本日から飛行機の出ているバリ島から東ティモールへ。 その前に、バリ島にあるコペルニクオフィスへ見学に伺う。 コペルニクはこの分野で世界的に注目されているNPOで、代表の中村さんには全員会って みたいと心を躍らせている。安価で魅力的なプロダクトは出てきているものの、 まだまだ途上国の手には届かないこと、様々な途上国のニーズに応えることを コペルニクにはサポートしている。 オフィスに到着するまでにハプニングはありつつも、無事到着。 オフィスにはプロダクトのあるショップ(写真左奥)も併設されており、 QドラムやDlight、じょすいき、釜など生のプロダクトを手に
Read More

第一回ワークショップ@loftwork ID

See-D Contest 2012 第1回ワークショップ 2012.07.29.Sun. @co-lab渋谷10F See-D Contest 2012第1回ワークショップ、いよいよ始まりました!今回のテーマは、『途上国のものづくりの三種の神器を学ぶ』。「観察」「デザイン」「ビジネス」という3つの切り口から、途上国ものづくりで大切なマインド・技術の基礎を学びます。 ■開場・受付開始 9:30- 今回の会場は、株式会社loftworkのクリエイティブラウンジ「loftwork ID」。R246を見下ろすすてきな眺めと、クリエイティブな空間にワクワクします。書類審査
Read More

Kick off event

2012年7月15日、政策研究大学院大学(GRIPS)にて、See-D Contest のキックオフイベントを開催しました。 ▼100名を超える方にご参加いただきました! ▼See-D 代表 遠藤謙によるオープニングの挨拶 ▼「途上国の課題解決に挑むということ」日本ポリグル(株)会長 小田兼利氏 ▼「東ティモールの現場から」 ユニセフ・カザフスタン事務所代表(2011年まで東ティモール事務所代表) 久木田純氏 ▼Wanic 山本尚明氏 ▼Linkwatt 鈴木 真崇氏 ▼SANSHIRO 菅野 秀氏 ▼久木田氏より、東ティモールから中継 ▼パネルディスカッション「
« 前ページへ« 前ページへ